furutakeの日常

カメラ、DIY、買ったもののレビュー記事、たまにバイクの事など日常的な事を書いてる完全自己満ブログ

4年使ったXperia Z Ultraのバッテリーを交換してみました

どうも、furutakeです。

今回はスマホ(ファブレット)のバッテリーを交換してみました!

写真多めで交換の工程を紹介します。 4年も前の機種になるので、使っている方は少ないだろうと思いますが、参考になれば嬉しいなと思います。

Xperia Z Ultraとは

DSC_9008

フレーム周りは落としてしまっているので、ボロボロだったりします・・・

Xperia(TM) Z Ultra | Xperia(TM) Tablet | ソニー

SONY製のスマホタブレットの中間サイズの6.44インチのファブレットです(ファブレットってもう死語?)

2013年にXperia Z1が発売されたころに海外で先に販売され、のちに海外より半年ほど遅れてauからSOL24の型番で販売と、Wi-Fiモデルも出てタブレットとして発売されておりました。


そんな6.44インチの大画面スマホは当時ではかなり大きく、物珍しさや、大画面なのに薄いというところにひかれ、SIMフリーの海外モデルを2014年に購入して3年使っておりました。


今じゃiPhone Xs Maxなどでは6インチを越えていますが、どれだけ時代を先取りしていたのかと考えさせられます。マニアックな端末すぎて、後継モデルと呼べるものは今でもなく、ズルトラ難民なんていう人たちもいたりいなかったり?w


以前書いたスマホに関する記事はこちら。

furutake.hatenablog.jp

メインから降格して1年経って

昨年Xperia XZsというこれまた中途半端なモデルを購入しまして、メイン利用ではなくなりました。

しかし今度は妻のメインで使っていたスマホが充電できなくなり、このZ Ultra(以下ズルトラ)妻がメインで使っておりました。

furutake.hatenablog.jp

そんな妻が使ってから、約1年が経ちバッテリーのへたりが感じるほど、充電してもすぐにバッテリーがなくなるなんて事が何度かありました。


妻のメインのスマホを買い換えも検討しましたが、妻はこれでまだいいとの事でしたので、バッテリー交換をしてみることに。

Amazonでメーカー純正ではないのが販売してた

調べてみるとメーカー純正ではないものの、交換するために必要な工具がセットになったものが購入当時は1,980円でした。

他にも同じような工具セットのサードパーティ製の商品がいくつかありましたが、今回はこちらをチョイスしました。

この記事を書いている時には購入時より少し値上がってます。


ちなみにバッテリーだけでの販売もありそちらは1,680円でした。

交換キットの道具等は持っていないので、工具セットの方をポチりました。

開封とバッテリー交換手術

開封の儀

荷物のサイズはポスト投函可能サイズだったようで、自宅配送ではなくポストへ投函され配達完了してました。

DSC_9016

早速あけてみます。


DSC_9020

工具が数種類と、パネルをこじ開けるピックのようなものなどが入ってます。


取説は…探しても出て来ません。


ググればやり方を紹介している先人の方のブログがありましたので、そちらを参考に手術を行うことにします。

参考にしたブログ

www.zukeran.org

背面パネルを外す

最初にやる工程として当たり前ですが本体の背面パネルをこじ開けます。

実は以前文鎮化(ハードブリック)という状態にしてしまい、なんの操作も出来なく、電源も入らなくなる状態になったことがあり、その回復手術をしたことがあるので、この背面パネルはガバガバで簡単に吸盤の力で外れますw

DSC_9024

以前文鎮化した際、参考にした記事。

decoy284.net


このパネルを固定する両面テープも付いてきているので、最後に両面テープも交換します。

最初に背面パネルを外す時は、ドライヤーでパネルを固定している両面テープを温めながらやったらすんなりいきました。

この時に気を付ける事は、パネルはガラスなので丁寧にやらないとひび割れます。

上部の黒いパネルを外す

背面パネルが外れたら本体上部の黒いパネルを外します。右上に小さいネジか付いているので、不足の工具(プラスネジ)で外します。

InkedDSC_9027_LI

ですが、なぜ以前開腹した際に見たときからここ(赤い丸のとこ)のネジはありませんでしたw


とりあえず黒いパネルをゆっくりと外します。この時に勢いよく行くと、カメラ周りが動くので、カメラが壊れる可能性がありますので、丁寧に。

DSC_9029

なんとか無事に外せました。

古いバッテリーを外す

次に古いバッテリーを外す工程です。

DSC_9031

最初にバッテリーから出て基盤と繋がっているコネクターを外します。

つぎはバッテリーを固定している?透明のテープをはがします。これは何ヵ所もあるので、ちょっと大変。

DSC_9032

ピンク色のテープは見やすいが

DSC_9038

透明で見えにくいテープもあります。


DSC_9035

最後に四隅についているネジを精密ドライバーで外します。

ネジ外してからテープ剥がしても大丈夫ですので、ここの順調はお好きなやり方でOK。


そしてバッテリーを本体から外していきます。

バッテリーの裏側に両面テープが張られていれ簡単には外れないので、交換用道工に付属のヘラ等を駆使して外します。

InkedDSC_9039_LI

なんか細い線が外れてる・・・

DSC_9040

・・・・・
・・・・
・・・
・・

細いケーブルのようなものも勢いよく外れました。というか壊しましたw

バッテリーを外す時にはこのケーブル(アンテナ線)に注意して外しましょう。


こちらのブログでは、失敗例が記載されていたので、もっとはやくに気づけばよかったw

orejunk.cocolog-nifty.com

とりあえずアンテナ線はなんとか再接続できたのでOK?

DSC_9042

一応記念に古い(純正)バッテリーと新しい(サードパーティ)バッテリーを並べてみますw

最後に動作確認が必須ですね。


ここまで出来れば、あとは新しいバッテリーを付けて蓋を閉めるだけで、逆の手順を行います。

新しいバッテリーを取付

外す手順の逆でバッテリーをはめて、ネジを4つ止めてコネクタをつなげれば完了です。

DSC_9045

新しい社外品のバッテリーはテープ類は一切ないので、ネジ固定とコネクタをつけるだけです。

蓋を閉める

蓋を最後に閉めますが、その前に今回はアンテナ線を一度断線させたので、(コネクタから外れた)動作確認をします。

DSC_9051

蓋を開けたままUSBケーブルを接続。

充電ランプ点灯OK。画面点灯もOKAY

DSC_9052

電源を入れてみる。

DSC_9054

起動も無事に完了。

DSC_9055

そして肝心のアンテナをチェック。

アンテナピクトも入り、4Gのマークも点灯して無事に動作もOK。

動作確認も取れたので、蓋を閉めます。

DSC_9059

この裏面のパネルについている古い両面テープは剥がして廃棄し、新しいテープを貼って完成です!!!

バッテリーの減り具合について

交換前のバッテリーの減り具合。

充電完了して100%だったのに、数時間後には1%表示になってて、おかしい表示になってました。

今は交換後に不具合なく通常どおり使えてます。

バッテリーの減りも緩やかになり、購入時とほぼいっしょかなと。ただ4年も前の機種なのでバッテリーの消費量としてはかなり多く、大画面ということもあって、緩やかではありますが、結構減るんです。

まとめ

バッテリー交換は以外と簡単でしたが、気をつけないとアンテナ線を外してしまうことになるので、交換する方は自己責任でお願いします。


またアンテナ線が断線してから、アンテナピクトが立たず、通信なし表示になってしまう事がしばしばあるので、アンテナ線を変えるかWi-Fiは使えるので、Wi-Fi専用タブレットとして使うかなとw(バッテリー交換してんのに、外で使えないのは本末転倒ですがw)


ま、これも一つバッテリー交換するお勉強と考えて、またブログのネタとしても良かったなと思いますw


おわり

東京モーターフェス2018に行ってきた

どうも、furutakeです。

9月はツーリング記事しか書かず(かけず)、あっという間に10月になってしまいましたw

本当に1週間があっという間でびっくりです。




今回は東京モーターフェスという車、バイクなどの展示・試乗が出来るイベントへ行ってきました。
tmfes.com

開催日は10月6日~10月8日で各日11:00~17:00まででした。

自宅からは電車を使って1時間ちょっとで到着。

今回の目的は試乗ができるってことだったのと、親子でのバイク教室があるとのことでしたので、それを目指して現地へ向かいました。

試乗予約はアプリから

試乗予約は11時から公式アプリから出来るようで、アプリを立ち上げると

チェックインという現地でGPSをONにして会場内からしか予約ができない仕組みとなっていました。

そして11時ごろに現地へ到着してみても、上記のように予約が何回やってもできない状況でした。

数回試してやっとチェックインできたと思ったら次にでてきた画面はこんな感じ。

試乗予約の枠が黒くなってて予約できない・・・。まさかとは思いましたが、現地にいたスタッフの方に聞くと、今日の予約はもう埋まってますとのことw


白塗りで「0」の文字が書かれているところは、さっきまで空いてたけど、予約枠が埋まったことを示しているそうです。


到着して10分で今日の目的が達成できないことが判明w


もう一つの親子バイク教室も見てみましたが、こちらも同じく予約できず終了・・・w


ちなみに白いテント前でキャンセル待ちはできるそうですが、この日はなぜか突然暑くなっていた日だったので、暑い日差しの中で子供二人を連れて待たせるのは無理と判断して諦め ました。

DSC_8944

せっかくここまで来たからにはバイクの写真だけでも撮っておこうと、乗ってみたかったCB1000Rの写真だけ撮りましたw

DSC_8941

CB1000Rの赤いタンクがいい色でした。


DSC_8942

試乗ができる場所の向かいでは、平成の名車たちが並んでました。

来て・見て・触って!平成の名車体験|東京モーターフェス2018


DSC_8946

それから現地で風船配ってましたが、何個も飛んでってました。ちょっと写真映えしそうな感じですw

試乗はあきらめて広い敷地内をブラブラ

2輪の試乗はできないので、4輪の試乗をしてみてもいいかなーと思いましたが、こちらもほとんど予約が埋まっていて空いているのは軽自動車ばかりで、15:00~とか3時間後とかでしたので、試乗は一切諦めて、展示されている車やバイクを見てみることにしました。


ダイバーシティの前には等身大のガンダムがあり、そこのモニターにはマツコ・デラックスが写ってました!!

DSC_8988

なんとトークイベントで、トヨタの社長、ソフトバンクの社長、マツコ・デラックスでの3人でトークショーをやってました。

DSC_8991

遠目からみても、マツコだとわかる格好?体格でしたw

子供もテレビで見る人って本当に居るんだ!!とちょっと驚いてて面白かったw


DSC_8952

そのあとはバイクを跨げるブースがあったのでそちらに行ってみることに。

2輪

YAMAHA NIKEN

行ってみると最近発売されてばかりの前輪2輪のナイケンが展示して、またがれる状態でしたので早速子供らを跨がらせ、記念撮影w

DSC_8966

前輪2輪で迫力のあるナイケン。大柄な車体でしたが、コーナーリングの安心感がすごいとか。一度試乗してみたい。

NIKEN - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社


KAWASAKI Ninja H2 SX SE

DSC_8965

ほかにはH2 SX SEがあったので、こちらも記念に跨がらせますw

パニアケースも付いてて、長距離ツーリングもラクラクそう!!スーパーチャージャー音を聞いてみたい。

Ninja H2 SX・Ninja H2 SX SE | 株式会社カワサキモータースジャパン


次にCBR250RRとYZF-R25もあったのでこちらもまたがってもらいました。

HONDA CBR250RR 

DSC_8955

CBR250RR パールグレアホワイト


YAMAHA YZF-R25

DSC_8969

YZF-R25 ホワイトメタリック6

こっちはタンデムでパシャリ。


子どもたちは自分の影響で、モーターサイクルショーなどに連れて行っているので、バイクに跨るだけでも喜んでましたw

ハンドルまわりのスイッチをカチカチしたり、これなんのボタン?などと質問してきてくれますw


写真にも写ってますが、後ろにある車も乗ってみることに。

NSXもあって、そちらはかなり長蛇の列だったので、他の車を見に行くことに。


4輪

SUBARU XV

SUBARU XV | SUBARU

DSC_8975

水色がいい色でしたね。


子供が運転席に乗りたいとのことで乗らせてみました。

DSC_8974

自分も乗ってみて、ハンドルまわりをパシャリ。

DSC_8976

パドルシフト付いてて、運転が楽しそうな感じ。

XVは車高が高めなので、ちょっとしたアウドドアには良さそう。

SUBARU フォレスター

SUBARU XV | SUBARU

車を買うなら個人的にはSUVとかに乗ってみたいなーと妄想しているので、こちらも乗ってきました。

DSC_8980

車高はこちらのほうがXVよりも高め。

キャンプとか行くのも、雪道とかも余裕で走れそう(試乗したことないけどw)

さいごに

2輪も4輪も乗ったあとは、お昼を食べて夕方から用事があったので、サクッと帰宅。


乗り物のイベントは東京モーターショーとモーターサイクルショーにしか行ったことなかったので、モーターフェスとはどんな感じかと思って初めて行きましたが、屋外での展示があったり、個人のカスタムカーの展示もあったりと、モーターショーとはまた違った感じでした。


会場がかなり広くなっているので、全部見ようとすると結構時間がかかりそうなので、早い時間から行かないと全部はまわれないと思います。


また試乗をする場合は間違いなく朝早く行く必要がありそうですw