furutakeの日常

カメラの事、DIY、購入したもののレビュー的な事、たまにバイクの事、資格勉強の事、ダイエットの事など日常的な事も書いてるブログ。

夏休みに今年も帰省してきた

どうも、furutakeです。

今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」とやらに投稿しつつ、今回も帰省したので、軽く日記的なのを書いてみます。

昨年の記事。 furutake.hatenablog.jp

8月の下旬に妻の実家のある徳島へ今年も帰省してきました。

8月初めから妻と子供達は先に行っており、あとから合流する形で自分も向かいました。

今年は一人暮らしの期間が長かったので、味玉作ったり、オムライス作ったり、卵料理や、作りおきしてもらってたカレーを連日食べたりと自炊も久しぶりにして一人暮らしを満喫してました。

furutake.hatenablog.jp

1日目

今回の帰省では新しく出来たバスタ新宿から高速バスで帰省することに。

仕事を終えたらさっさとバスタ新宿へ向かう。到着後晩御飯を食べようと探すも、中にあるコンビニのファミマは大混雑。

自販機に飲み物買おうとするも売り切れ続出。建物が新しくかなり広いが、人が多い為にいろんなものが売り切れてたりしてた。

この日が土曜日ということもあってか、かなり混雑している印象。

隣接している建物内にも食事が出来るお店がいくつかあったが、オシャレ感がすごくて男一人で入れるような感じではなく、そんな勇気はないので諦めて、パン屋を発見したのでパンを買って食べることに。

そのままパン食べていたりしたら、バスが到着していたので名前を伝え乗車。初めて1列目の席で、スリッパやアイマスクも常備されていた。 足が伸ばせる感じではないので、ちょっと狭い印象。

高速に乗りはじめて1時間後ぐらいに、最初の休憩で海老名SA。そのあとからはカーテンを全て閉めて真っ暗に。

多少は寝ることが出来たが、足が伸ばせない&あまり背もたれが倒れないので、ぐっすりとは寝れなかった。

2日目

翌朝6時にJR徳島駅前に到着。

到着後、お義父さんの車で迎えに来て頂いて、そのままばあちゃんの家がある鳴門まで直行。

そこからすぐさまいつもの船釣り開始!睡眠不足気味で眠たい目をこすりながら乗船。

f:id:furutakeru:20170904231658j:plain
海!

海の青と、空の青と、山の緑がいい感じの景色でした! 朝から日差しも強くて暑かったですが、気持ちのいいぐらいに晴れてました!

その後2時間程釣りをして、わたくしは小さい鯛とアジを釣って、数はあまり釣れませんでしたが、最後の最後に義理の弟が大きな鯛を釣り上げました!

f:id:furutakeru:20170913231805j:plain
大きな鯛!
重さは3kgぐらいはあったかな?

その日の晩ごはんにいただきました!!

f:id:furutakeru:20170913233356j:plain
鯛の刺身!

3日目

今まで徳島には何度も帰省はしていましたが、行ったことなかった日本一低い山、弁天山にも立ち寄ってみました。

bentenyama.com

場所はここ。

f:id:furutakeru:20170913233529j:plain
日本一低い山 弁天山の看板

f:id:furutakeru:20170913233523j:plain
弁天山 全景

f:id:furutakeru:20170913233531j:plain
山の入口の鳥居

f:id:furutakeru:20170913233535j:plain
登ると階段があります

f:id:furutakeru:20170913233538j:plain
登りきるとこんな感じ

山頂までの登山時間30秒w

お賽銭箱があったので100円を入れて下山。

f:id:furutakeru:20170913233542j:plain
青空と電柱

この日も天気がとても良く、とても暑かったですがいい感じに青空と電柱を何気なくパシャリ。

f:id:furutakeru:20170913233545j:plain
青空と雲

青空に浮かぶ雲が夏っぽい感じだったので、こちらもパシャリ。

4日目

翌日は徳島動物園へ行ってみることに。

とくしま動物園:徳島市公式ウェブサイト

f:id:furutakeru:20170913235153j:plain
しろくま

f:id:furutakeru:20170913235156j:plain
しろくま!近い!

f:id:furutakeru:20170913235159j:plain
カピバラ

f:id:furutakeru:20170913235203j:plain
カピバラも近い!

午前中から行って、お昼過ぎぐらいまで園内を散策して、いろんな動物を間近で見れて、子どもたちは満足してました。

5日目

最終日は飛行機で徳島→羽田へ。

徳島阿波おどり空港で、大量にお土産を買って荷物検査。

最後の最後まで、お義父さんとお義母さんにお見送りしてもらって、子供達はちょっと帰りたくないって感じ。

自分も帰りたくないのが正直なところw翌日からまた普段通り仕事で、現実が待っている。

阿波おどり空港から約1時間半ほどで羽田空港へ到着。

空港から電車で帰宅して、帰ったらみんな疲れてたのかすぐにぐっすりと眠りについた。

翌朝、子どもたちはまだ夏休みだからゆっくり寝てて羨ましかったなー。

そんなリフレッシュできた夏休みでした。

Xperia XZs(G8232)を買ってみた!(設定~カメラレビュー編)

どうも、furutakeです。

前回に続きXperia XZsのレビューをしたいと思います。

前回の記事はこちら。

furutake.hatenablog.jp

前回の記事をアップした1時間後に日付が変わりIFA 2017でXZsの後継機種となるXperia XZ1XZ1 compactなどなど色々と発表されました。

www.sony.co.jp

記事をアップした1時間だけ最新機種のレビューでしたが、一瞬で最新でなくなりましたw

最新機種が出ても出たばかりは高くて買えないので、いいんです・・・手が出せないから・・・と自分に言い聞かせつつ、設定~カメラのレビューをしてみたいと思います!w

本体設定編

SIMカードを入れる

今回購入したXperia XZs(G8232)はここ最近主流になってきたDSDS(Dual Sim Dual Standby)対応なので、SIMカードが2枚入ります。

microSDカードは2枚SIMカードを入れるとmicroSDは使えません。

microSDが使えない分、こちらの機種はROMが64GBと国内仕様のXperia XZsの倍になっています。

さっそくSIMカードを入れます!

SIMを挿入!

青色のSIMが、docomoFOMA回線(電話のみ)のSIMで、もう一枚のSIMはアクティベーション用SIMなのでダミーです。

docomoSIMとダミーSIM 裏はこんな感じ。ダミー用SIMはdocomo用らしいので、「DO」と手書きで書かれてますw

購入した際、今まで使っていた格安SIMのサイズがmicroSIMで、変更する手配はしていたのですが、まだ手元に来ておらず先に端末を購入することになったので、とりあえずFOMA回線のSIMだけを入れることに。

しかしながらいくらやってもFOMA回線のSIMだけ入れても通話も出来ないし、アンテナが1本も立ちませんでした。

調べてみると、DSDSの端末にFOMA回線のSIMだけを入れても通話もできないとの事でしたので、ダミーSIMでもいいから入れればいいとの事だったので、じゃんぱらで丁度売っていたiPhoneアクティベーション用SIM(ダミーSIM)を入れたら、すんなりアンテナも立って通話も使えるようになりました。

アンテナマークが2つ! こんな感じで片方だけのアンテナマークがついて通話が出来るようになりました。

データ回線用のSIMが届いた!

SIMが来た!

SIMカードのサイズ変更を申し込んでから2日後に新しいSIMカードが届きました!

SIMセットの中身

中身はSIMカードと納品書、その他チラシ類。

BIGLOBE SIM

今回のBIGLOBESIMカードは真っ白みたいです!以前から使用していたのはピンクだったので、格安SIMは白になったのかな?

SIM入れ替え 早速ダミー用のSIMと入れ替えます。

f:id:furutakeru:20170904202856p:plain 無事にどちらの回線もアンテナマークが点灯しました!

カメラ機能を試してみる

スローモーションを試す

このスマホでの一番の目玉機能として、960fpsのスローモーション撮影が出来るということ!!

1秒間に960フレーム分のスローモーション撮影が出来るので、試してみることに。

  • まずは公式の動画から。
  • 実際に撮影した動画。

先日帰省した際に、船釣りをしてきたのですが、その時に取ってみた動画です。

スローモーションを撮影する方法としては3種類あります。 f:id:furutakeru:20170904225817j:plain

  • スーパースロー 上の動画のように動画の途中で960fpsのスローモーションを撮影する方法。

撮影中にスローモーションのマークを押すと、その1秒間をスローで撮影することができます。

  • スーパースロー(ワンショット)

スローモーションだけを撮影する方法。ここぞという一瞬な瞬間を撮影する時に使えそう。

例えば、ジャンプする瞬間とか! f:id:furutakeru:20161115001730j:plain

昨年のはてなブロガーツーリングの時の写真とかで撮影してたら面白かったかも。

furutake.hatenablog.jp

furutake.hatenablog.jp

  • スローモーション(120fps) 120fpsで高速撮影をして、あとから複数の場面をスローモーションに変えれるようですが、まだ試してないですw

カメラを使って写真を撮ってみた

海! 上の写真は若干エフェクトをかけてますが、それでも写りは十分なレベルです。

焼肉! 焼肉した時に撮った写真。メシマズ写真にはなっていないかと思います。

以前使っていた、ズルトラではここまで綺麗には撮れなかったのでカメラの性能としては満足してます。

f:id:furutakeru:20170905000648j:plain ズルトラで撮影したコメダ珈琲のパンとコーヒー。全体的にぼやけた感じがあったり、明るいところなのに、結構ノイズが目立ってたりしてました。

上の写真と比べるのは酷かもしれませんが、それだけカメラの写りも良くなったという事ですね!

指紋認証が優秀

今までは指紋認証のついたスマホは妻用に購入したSAMURAI REIを使った事がありましたが、こちらはかなり精度が悪く3回に1回成功するかどうかのレベル。

REIを買った記事はこちら。

furutake.hatenablog.jp

しかしながらこちらのXperia XZsの指紋認証は比べてものにならないほど、正確でしかも早いんです!

普通であれば電源ボタンを押したあと、指紋認証をすると思いますが、指紋認証登録してある指で電源ボタンを押したら、ロック画面が表示する間もなく、ホーム画面が表示されている感じです。これは本当に便利で、もうパターンのロックとか面倒になっちゃいます(笑)

動画はこちらを参照していただくとわかりやすいかも。

でもケースを付けてから、少しだけ精度が落ちた気がするので、今後はケースの運用をどうするか考えるべきなのかなと。 また、ケースを付けていると、排熱がうまくできなくなってしまうのか、本体がほんわか温かくなる事があるので、背面のクリア部分をDIYで肉抜きでもしてみようかななんて考えてますw

Bluetoothを使って音楽を聴いてみる

前回の記事でも書いたように、Bluetoothヘッドセットを使って音楽を聴いているのですが、今までのズルトラでは音飛びがかなり酷かったんですが、機種を変えてからはほとんどなくなりました。しかしながら、通勤中に人が多いところだとたまに音が飛んでしまう事がありました。これはヘッドセット(SBH50)側の問題なのかもしれませんね。

ベンチマークテストしてみた

よくあるレビューの記事ではほとんど出ていると思いますが、ベンチマークテストを行ってみることに。

f:id:furutakeru:20170816234210p:plainf:id:furutakeru:20170816234149p:plain
Xperia Z Ultra(C6833) 56247 , 右 Xperia XZs(G8232) 117499

スコアを見れば一目瞭然。数値的には2倍の差がありますね。

一概にベンチマークテストだけでの比較では、性能が2倍とは言い切れないかもしれませんが、はっきり行って3年前のスペックと最新スペックでは、サクサク度が明らかに違って、カクつくこともなく使用できます!!

最近ズルトラでは、メモリ不足なのか固まったり、アプリを開くのが遅かったりしたのですが、全くそういった事がXZsでは起こらないので、ストレスフリーな感じです。

今回の機種変更にかかった費用

今回の買い替えに伴って発生した費用をまとてめみました。

項目 金額
Xperia XZs本体 59,800円
アクセサリー類 3,040円
買取色々 -6,880円
SIM変更手数料(FOMA) 2,160円
SIM追加手数料(MVNO) 3,394円
キャッシュバック(12ヶ月後) -11,000円
合計 50,120円

キャッシュバックという項目は価格.com経由でBIGLOBE格安SIMへ申し込みをすると1年後ではありますが、キャッシュバックがあるとの事で、それを含めるとかなり抑えられたのかなと思います。 kakaku.com

毎月支払いとしては、また3年以上使うと考えれば、50,120円÷36ヶ月=1,392円+通信費という計算になりました。

総評

今回私はスマホのサイズを6.4インチ→5.2インチへサイズダウンをしましたが、やはり片手で操作出来るサイズが丁度いいと思ってしまいました。このサイズが一般的ですよね。

スペックとしては、CPUがSnapDragon820、RAM 4GB、ROM 64GBでDSDS対応で、自分の使用目的としては全く持って問題がないスペックです。

しかしながら、バッテリーの持ちに関しては、そこまでめっちゃくちゃ長持ちする!とは言い難いぐらいで、自分の使い方だと1日1回充電しないと厳しい感じです。 DSDSで使っているからなのか、ちょっとバッテリーの減りが早く感じので、不満としてはバッテリーの持ちが悪い事ぐらいです。

最新機種は出たばかりは価格が高いと思うので、一つ前のモデルで十分という方には、こちらのXperia XZsまたはXZの方が安くなっているのでいいかもしれないですね。

これでまた3年間は戦えそうです( * ´∀`*)

Xperia XZs(G8232)を買ってみた!(購入~本体外観編)

どうも、furutakeです。

3年ぶりにスマホを買い替える事にしまして、今回はそのレビューをしたいと思います。

ちょっと長々と書きたい事書いているので、Xperia XZs本体が気になる方は目次から「開封の儀」へ飛ばして読んで見てください!

全体的にすごく長くなりそうでしたので、いくつかに分けてレビュー書いてみますよw

機種変更前のスマホ

新しいスマホを紹介する前に、今まで使ったのも紹介したいと思います!

機種変する前はSONY Xperia Z Ultra(C6833海外モデル)でした。 以前詳しく書いた記事がこちら。

furutake.hatenablog.jp

ファブレットというあまり聞き慣れない言葉がありまして、スマホタブレットの組み合わて、いいとこどりしました!みたいなスマホ、いや、ファブレットです!(あまり聞かなくなってしまいましたが…)

こちらのXperia Z Ultraはズルトラという愛称が出来るほど、一部のユーザーには人気だったようで、今でも後継機種が無いことから、ズルトラ難民なんて言葉ができるくらいでした。そして自分もその難民の1人でしたw

自分のスマホ使用目的を考えてみた

ズルトラは画面が大きくて6.44インチという絶妙なサイズで、ズボンの後ろのポケットに入れて持ち歩く事が出来て、大画面でブラウザなどが出来てとても満足しておりました。

しかしながらここ最近、自分のスマホの使用目的が変化してきました。大きな使用目的としては以下の4つ。もちろん、メールやブラウザを使用してネットサーフィンは当たり前。

ランニングのログ取り

今年の1月からダイエットの為にランニング始めてからスマホのアプリでログを取るようにしているので、ズルトラの大きさが一番厄介になってしまいました。

音楽聴きつつ、走った距離がわかるようにログを取りながらランニングをしているのですが、大きいのでポケットから飛び出しそうで落としてしまいそう。

最近ではポケットに蓋が付いたズボンを履いてランニングをするようにしましたが、大きいし少し重たいので、かなり揺れるしかさばってしまいます。

ランニングのログについてはスマートウォッチなどのデバイスがあれば、ログは取れるかもしれませんが、意外といいお値段しますし本体買い換えの方が現実的かなと。

片手操作したい

自分の手のサイズが小さいのもありますが、ズルトラは片手で操作がし辛いサイズなので、通勤中に操作するのに鞄を肩に掛けて両手で使うというスタイルでしたが、意外と両手じゃないと上手いこと操作が出来ないって煩わしいと気づいてしまったのです。(3年前から気づいてたw) なので、今まで通勤中にブログの下書きを書こうと思った事がありますが、両手持ちにする環境があまりなかった(満員電車の為)ので、スマホで記事をあまり書いた事がありませんでした。

音楽を通勤中・ランニング時に聞く

以前はウォーマンを使ってましたが、壊れてしまってからはズルトラで音楽を聞くようにしてました。

本体が大きいので、直接イヤホンを繋げて聞くのはちょっと操作しづらい感じでしたので、Bluetoothヘッドセットを使ってワイヤレスで聞いてました。

ヘッドセットの記事はこちら

furutake.hatenablog.jp

しかしここ最近音飛びがかなり発生。特に通勤中の人混みの中に行くと、いろんな電波と干渉するのか、ブツブツ途切れてしまいます。

Bluetoothヘッドセット側の問題かもしれませんが、ブツブツと音楽が切れるのは、やはりあまりいい気分ではないです。

有線にすれば音質的にもBluetoothよりは良いですが、今度はケーブルのタッチノイズが気になったりしてしまうので、ワイヤレスの方が自分には丁度良いようです。

すっきりスマホを1台にまとめたい

今まで3年程使っていたこのスタイルは非常にかさばる事をしていて、Xperia Z Ultra(データ回線専用)、Xpria PLAY SO-01D(電話回線専用)、会社の携帯と常に3台持ちをしておりました。

3台持ち歩くのはズボンのポケットだけでは入り切らないので、リュックを持ち歩いたり、腰バックを装備したりしておりました。

バックの記事はこちら。 furutake.hatenablog.jp

この3台の携帯をもう少しスッキリしたい!という願望が大きくなりました。

本来であればdocomoの電話専用回線もMNP格安SIMへ転出すればいいのでしょうが、docomoの家族通話無料のためだけに残しているので、今のところは回線を別々に契約しています。

なので、SIMが2枚入る端末が購入必須となります。

今後もし格安SIM回線同士の通話無料が登場した場合にはMNPしたいなと思っていますが、まだそういったプランはなく3分かけ放題、5分かけ放題というのがあるぐらいですね。

スマホ購入前の準備

SIMカードサイズ変更

電話専用のスマホXperia PLAY(SO-01D)というゲームパッド付のスマホです。

www.sonymobile.co.jp

かれこれ6年ぐらい使っており、Androidのバージョンも2.3.4(Gingerbread)止まりで、セキュリティ的にもあまり良くはないレベルです。

そしてSIMカードのサイズも標準SIMという一番大きいサイズのものでした。

機種変更するにはSIMカードを小さくしないと行けないので、ドコモショップへ持ち込みしてnanoSIMカードへ変更する手続きをしてきました。

税込み2,160円が翌月の請求に合算されます。

www.nttdocomo.co.jp

SIM サイズ比較

左が標準SIM。右がnanoSIM。大きさがかなり違いますね。

最近ではSIMカードの色が青になっていてビックリでした。docomoのSIMの色は緑→白→赤→ピンク→青の順に変わって行っているようです(ドコモショップ店員さん談)

docomo小袋 こんな小分け袋にもdocomoの文字が入っていたので思わずパシャリw

もちろんそのままだと、機種を買い換えるまで通話が出来なくなるので、ゲタとも呼ばれるSIM変換アダプターを用意して、SIMカード交換後も通常通り使えました。

SIM変換アダプター 入っている変換サイズとしては3種類。

  • nanoSIM→microSIM
  • nanoSIM→標準SIM
  • microSIM→標準SIM

ヨドバシカメラで600円ぐらいで売ってました。

Amazonだともっと安いですねw

購入するお店選び

海外のSIMフリースマホは通販で買うことが出来ます。

  • Etoren

jp.etoren.com

12ヶ月の保証付だと言うことと、日本人スタッフがいるので比較的買いやすいサイトと思います。

www.expansys.jp

こちらも日本人スタッフもいる?との事でこちらも買いやすいサイトだと思います。

https://www.amazon.co.jp/

Amazonでも購入出来ます。上記の2つのサイトよりも少し高い場合がありますが、関税?等がかからないのと、Amazonの保証付で購入出来ます。 一番敷居が低いのはやはりAmazonかもしれませんね。

Xperia Z Ultraを購入した時はAmazonを利用して購入しました。他よりもちょっと高かったけど安心して買い物が出来ると思います。

じゃんぱら【中古&新品 スマホ・PC・デジタル家電の販売・買取】

中古端末や、海外端末を扱っているお店で、結構全国的にお店があちこちあり、実物を見てから購入することも可能です。

海外通販のサイトと比べると少し高くはなりますが、実物を確認できるのはいいですよね。

iosys.co.jp

こちらもじゃんぱら同様中古端末や、海外端末を扱っているお店になり、秋葉原や関西にもお店があるので、実物を見れます。

購入は実物を確認してからにした

結局のところ、EtorenかAmazonから購入しようかと思っていましたが、少し予算オーバーだった為、安く買える方法を考えると新品・中古品の扱いがある、イオシスじゃんぱらがいいかもと思い、じゃんぱらの店舗まで足を運び実物を確認しに行ってきました。

状態はAランクとのことで、ほとんど使用していない(多分使ってないんだろう)状態で、まんま新品でした。でもお値段は新品を買うより1割程安くなっておりました。 (Aランク:状態良好の中古品。キズ、使用感などはほとんどありません。とのこと。)

じゃんぱらで下取りに出してみた

断捨離を兼ねて、使っていなかったモバイルルーターと、6年間使ったXperia PLAYを下取りに出して見ることに。

どっちも1,000円ぐらいだろうと思っていたら、思っていたお値段の倍ほどで買い取りして頂きまして、購入の資金へ回すことになりました。

f:id:furutakeru:20170816223322j:plain

f:id:furutakeru:20170816223325j:plain

6年間ありがとう!!

開封の儀!

前フリが長くなりましたが、ここから開封の儀でございます!!

開封!

箱外観

外箱!

XPERIA

XPERIAの文字の部分が光の反射具合で色が変わります!!

DSC_9035

Xperia XZsの文字!ちっちゃくDual SIMと記載されてますね。(外箱は中古なのでちょっと角が潰れてますね)

開封! 御開帳!!

今回XperiaXZsのカラーはアイスブルー、シルバー、ブラックがあり、ちょっと悩みましたがアイスブルーにしました!

付属品,説明書 付属品はUSBアダプター(海外用)、USB type-Cケーブル、イヤホン(インナーイヤー型)、説明書。

DSC_9050 背面(フィルムなどを貼ってから写真撮影かましました)

本体カメラ部分

カメラ部分はすこし出っ張りがありますので、平らなテーブルなどに置くとちょっとガタツキます。

本体右側面

右側面。左から、シャッターボタン、ボリュームボタン、電源ボタン。

DSC_9059

Xperia Z5から採用になった指紋認証付の電源ボタンですね!

シャッターボタン,ボリュームボタン

今まで使っていたズルトラではシャッターボタンがなかったので、これは地味に嬉しいw

本体左側面 左側面。

SIM格納位置

SIMカードとSDカードを入れる蓋がついている以外はなにも無いのでスッキリしてます。

Xperia Z3世代まで、マグネット式の充電端子がありましたが、Z4からキャップレス防水のUSBに変更になり、今のように左側は充電端子はなくなりました。

本体底面(ケース付)

底面。(黒いのはカバー。ガバーについては後述します)

1つ前の機種のXperia XZからついにmicroUSBからUSB type-Cになりましたので、端子の向きを考えることなく挿して充電が出来ます!

ちなみに量販店で売っているtype-Cケーブルが1,000円以上するものが多く、探してみるとセリア(100円ショップ)で売っているという情報を得たので、早速近くのセリアへ。

100均一のUSB Type-Cケーブル

100均一のUSB Type-Cケーブル 1本108円(税込)です。

充電は特に問題なく出来ておりますので、ケーブルは短めですが、充電するには十分です!

Roiciel USB-C USB 3.0 変換アダプタ 2個セット RC-TCWB01

Roiciel USB-C USB 3.0 変換アダプタ 2個セット RC-TCWB01

ちなみにmicroUSBから変換して使うものもありますが、ケーブル買ったほうが安いので、思わず4本も買ってしまいましたw

サイズ比較

Xperia Z UltraとXperia XZsのサイズを比較してみます。

サイズ表ではこんな感じ。

本体名 高さ 厚さ 重量
Xperia XZs 約146㎜ 約72㎜ 約8.1㎜ 161g
Xperia Z Ultra 約179㎜ 約92㎜ 約6.5㎜ 212g

Xperia XZs,Xperia Z Ultra

並べて比較。

Xperia XZs,Xperia Z Ultra 大きさ比較

重ねてみると大きさの違いが一目瞭然!

Xperia XZs,Xperia Z Ultra 厚さ比較 厚さ比較。

ズルトラ外装ボロボロで一部ハゲてますw

Xperia XZs,Xperia Z Ultra 厚さ比較

キレイな側面でも厚さ比較。数ミリの差ありますね!

Xperia Z Ultra 6.4インチのズルトラを片手で握るとこんな感じ。

Xperia Z Ultra

裏から見るとこんな感じでした。

Xperia XZs 一方5.2インチの普通のスマホサイズのXZsはこんな感じ。

Xperia XZs

裏からみるとかなり指を折り曲げても握れる程のサイズ感です(当たり前w)

購入したアクセサリー

  • ラスタバナナ ハイブリッドケース TPU+アクリル ブラック ハイブリッドケース

背面はアクリル製でしっかりとした強度であり、周りの部分がTPUという柔らかい素材を組み合わせカバーです。

手帳型のカバーとかもちょっと気になりましたが、開閉するのが煩わしくなりそうだったので、フレームを保護するためにこのカバーにしてみました。

淵部分が本体と同色のものもありましたが、ブラックとアイスブルーの組み合わせが以外と気にってます。

  • ラスタバナナ 背面デザインフィルム 迷彩、高光沢 前面フィルム。 フィルム

ラスタバナナ Xperia XZ 高光沢フィルム P764XPXZ

ラスタバナナ Xperia XZ 高光沢フィルム P764XPXZ

ネットでフィルムを探していたら、迷彩柄になるデザインフィルムを発見して、これを絶対付けて使おうと思ったので、即購入してすぐに貼り付けました!

前面のフィルムはガラスフィルムにしようか悩みましたが、とりあえずは普通のフィルムを使って、傷がついたりしたらガラスフィルムにするか考えることとしまして、今回は見送りました。

本体正面(ケース付) ケースをつけた状態で正面から

本体背面(ケース付) 背面

本体右側(ケース付) 右側面(電源ボタン側)

本体上面(ケース付) 上面(イヤホンジャックがある方)

とりあえず本体外観編はこんな感じ。

次は設定編の予定!

furutake.hatenablog.jp

つづく。